メシを一緒に行けるような存在ならセフレにしやすい

気軽に当日に急に誘って会えるようなご近所の女性とならメシを食いに行くパートナーとしてもピッタリですし、定期的に食事に行ける仲になればセフレにしやすいです。

 

男女が二人っきりでメシに行ったり飲んだりしているとハプニング的なエッチも期待できますし、もしかしたら恋愛感情が芽生えるかもしれません。

 

定期的に会っていれば自然と相手の心に入り込んで親しくなれます。

 

 

食べ物の好き嫌いが似ていると仲良しになれますし、食事に行くのも楽しくなります。

 

意気投合すれば肉体関係にもなりやすいです。

 

メシを一緒にいけるようなパートナーを作ってから、それからゆっくりセフレになれるように努力して行くのもいいかもしれません。

 

最初からガツガツ責めるよりまずは一緒に美味しい物を食べに行ける関係を築く事が大切です。

 

 

 

一般的なセフレと会うコースとしては、メシを食ってお酒を飲んでそのままホテルにゴーって感じです。

 

この時気を付けるのはお腹を満腹状態にしない事です。

 

腹八分目くらいをキープしておくのが性欲を落とさないテクニックです。

 

食欲と性欲は比例していて、お腹いっぱいに満足感は性欲を満たした時の満足感にも似ています。

 

また食べ過ぎたら体がだるくなっちゃうし満腹状態の時って確かに性欲はそれほど湧かないですよね。

 

 

二人っきりで食事に行くくらいの関係になれば、セフレとしてお付き合いする可能性はアリと見ていいでしょう。

 

性の対象として見れるような人じゃないと二人っきりで飲んだり食事したりしないものです。

 

まず二人っきりでいても気まずい空気にならない事も重要ですし、疲れない、ストレスにならない事も重要です。

 

 

相性が良ければ会話に詰まっても気まずい空気にはなりません。

 

話をしてない時間も、むしろ心地よく感じてしまうくらいです。

 

焦って何か話さなきゃって思っちゃうとセフレには何ずらい関係と見ていいでしょう。

 

 

とにかくエッチがしたいと感じる相手がいたら食事に誘って見るのが一番です。

 

そうすれば親密になってチャンスは自ずとやってくるでしょうし、タイミングを見てホテルに誘っちゃえばOKです。